Loading

日役町獅子踊

県指定無形民俗文化財

日役町獅子踊(ひきじまちししおどり)

 この踊りは悪魔退散、火難除けの祈りが込められたものとされることから、本荘藩の北門の堅めにあたる日役町に伝承されてきたといわれています。
 一人立ち一頭獅子で、女獅子、中獅子、大獅子の三匹が常に一定の間隔を保ちながら躍動するような踊りが特徴です。本荘八幡神社の祭礼で奉納され、祭礼翌日の裏祭りにおいても市内各所で舞われます。

本荘八幡神社祭礼

PAGE TOP