Loading

月山神社獅子舞

市指定無形民俗文化財

月山神社獅子舞(がっさんじんじゃししまい)

 獅子のことを権現と称することから、ここでは権現講が獅子舞を伝承しています。月山神社獅子舞は鎮守社祭礼の当番宿において演舞されます。宿のお祓いと五穀豊穣を祈るとされるほか、氏子内の各家々でもおこなわれてきました。 一行が宿に到着すると、床の間に獅子頭を安置し、その両脇に幣手、剣先を置き、舞手二人が拝礼の後に静か節という唄を二、三番歌うと、太鼓が打ち始められます。次に垂の舞・扇の舞・剣の舞を演じ、それから獅子を採って獅子舞が演じられます。

剣の舞

PAGE TOP