Loading

亀田大神楽

市指定無形民俗文化財

亀田大神楽(かめだだいかぐら)

 大神楽というように伊勢流の獅子舞神楽です。この地では獅子舞を神楽といい、獅子頭そのものも神楽といっています。通常は、幕取り三人ですが獅子頭は一人が被り、両手に採り物を採って舞うため、獅子に掛かるのは四人で、これに笛、太鼓、囃子が数名ついています。舞には拍子木が打たれ、その「カカカ」と鳴る音が特色ともいわれています。  舞には扇の舞、鈴の舞、剣の舞の三番があり、それぞれに囃子手による歌がつけられます。

熊野神社を出発

PAGE TOP