Loading

潟保八幡神社神楽

市指定無形民俗文化財

潟保八幡神社神楽(かたほはちまんじんじゃかぐら)

 伊勢大神楽の系統に属する二人立ち一頭獅子の獅子舞です。この獅子舞はまず、「くもの舞」といって獅子と歳蔵の掛け合い問答がおこなわれます。問答のなかには「天照大神」という言葉もみられます。潟保八幡神社の祭礼の時に神前に奉納されますが、その後「おいで獅子」といって、青年たちが獅子頭を持って集落内をめぐり、門付けをして歩きます。 

獅子と歳蔵の掛合

PAGE TOP